imaise-yoshikawa’s diary

愛知県一宮市にある循環器内科、内科、外科の今伊勢よしかわクリニックの院長日記です。

ミニトマトなりました

f:id:imaise-yoshikawa:20200628155047j:plain

雨が多く、憂鬱な季節ですが、いかがお過ごしでしょうか。

我が家では、ダメもとで植えてみたミニトマトの苗が何故かスクスクと伸びて、遂に実をつけました。私の身長を超えるぐらいに育っています。しかも、結構実っていて、甘いんです。以前にもミニトマト試したことがあるのですが、その時は、草丈もあまり伸びず、小さな実が23個だけで終わってしまった記憶があるので、あまり期待していなかっただけに、うれしい誤算です。今回、何が良かったのでしょうか?苗の値段?前は一株80円ぐらいでしたが、今回は180円でした。種類かもしれません。今回は黄色のトマトと赤いトマト2種類植えたのですが、赤はこれほど実っていません。

暑いですね

日中の気温が30℃を超える日もあり、いよいよ夏が近くなっていますね。

今回は、熱中症について少し。

熱中症は日差しのある屋外でなるものだと思っている方がいますが、家の中など屋内でなることもあります。以前と異なり、最近の夏の気温は非常に高くなっており、エアコンを適度に使用しないと、家の中でも高温になり、お年寄りやお子さんは、体温調節がうまくできないため熱が体にこもってしまう”鬱熱”という状態になりやすいのです。

熱中症の初期あるいは一歩手前によくある症状は、めまい、脱力感、頭痛などがあります。また、高血圧症で治療中の方は、「なんか今日の血圧はやけにいいな。もう薬いらないんじゃないか?」と、思うときは注意です。体内の水分が少なく脱水気味になっていると、血圧が低めになります。

熱中症になってしまったら、①屋外であれば、涼しいところに行く、屋内ならエアコンで室温を下げる。②体を冷やす。(衣類を脱いで、うちわや扇風機で扇いだり、首・脇の下・太ももの付け根・手のひら・足を冷やす) ③水分を補給する。ミネラルのあるスポーツドリンクや経口補水液がよいです。お茶や水の場合は、塩飴など塩分を一緒に摂ります(水1Lに食塩1~2gが目安です。)

5月

f:id:imaise-yoshikawa:20200517222612j:plain

まさに、今がバラの見ごろでしょうか。ご近所の庭のバラが見事でした。

新型コロナウイルスの勢いも一時ほどではなくなり、緊急事態宣言も解除されましたが、まだ気を緩めるのは早いと思っています。中国や韓国では一足早く、色々な制限が解除され経済活動が再開されましたが、突然クラスターが発生して何十人もの感染者が出ているとの報道がありました。やはり、不要な外出は控えて、3密を避けるように行動しましょう。

6月から一宮市特定健診が開始されるとの通知がありました。5/15より予約を開始しましたので、お電話もしくは受付にて予約をお願いします。

前回のブログでもご紹介しましたが、当院は発熱や風邪症状のある方は、診察まで自家用車内に待機していただき、玄関横の補助通用口から感染症診察室へ直接入っていただくことで、一般の患者さんと極力接触しないようにしております。今後も感染防止対策を緩めることなく、皆さんが安心して通院していただける環境づくりに努めてまいります。

ゴールデンウィークに入りましたが・・・・

f:id:imaise-yoshikawa:20200429220319j:plain

天気も良い日が多くなり、暖かい、いや、暑いと感じる日も多くなりました。ゴールデンウィークとなり、何処かへ出かけたいという気持ちになりますが、皆さん、ここが我慢のしどころではないでしょうか。ここ数日の報道では、全国の新型コロナウイルス感染症患者数は確実に減ってきている印象です。しかし、ここで気を緩めて、我々が外出しはじめたら、増加に転じてしまうことでしょう。

当院でも、感染拡大防止の一環として、給茶機使用の中止、雑誌の撤去、トイレ洗面の温風乾燥機の使用中止、受付のシールドカーテン設置などを行っております。また、発熱や風邪症状のある方は、診察まで自家用車内に待機していただき、玄関横の補助通用口から感染症診察室へ直接入っていただくことで、一般の患者さんと接触しないようにしております。ご不便をおかけすることもあるかと思いますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

最近思うこと

f:id:imaise-yoshikawa:20200412130441j:plain

もう桜が終わろうかという季節に、我が家では何故かチューリップが見ごろを迎えています??? 手入れが悪いのでしょうか?栄養が足らなかったのでしょうか?でも、今年も昨年と同じ花を咲かせてくれました。

 今、新型コロナウイルスが猛威を振るっています。愛知県も緊急事態宣言を出しました。一宮市も4/11に新たに新型コロナウイルス陽性が確認された方が11人と急増しました。感染経路などの詳細は現在調査中だそうです。愛知県内において、一宮市名古屋市に次いでの多さとなっているそうです。愛知県内、一宮市でも今後、医療崩壊が起こる可能性は十分あります。殆どは軽症、中等症で済むと言われていますが、それは医療体制が適切に維持された場合の話です。医療崩壊が起これば、重症化して亡くなる割合も増えます。皆様、それぞれの事情があるのは分かりますが、感染しない・医療崩壊を招かないために一人一人が自覚をもって行動することが大事です。「ちょっとぐらいなら」とか、「ウチらだけなら」とかいうのはやめましょう。自粛しましょう。我々国民には様々な権利がありますが、権利が与えられている以上、国民として果たすべき義務があります。権利と義務はセットです。

世の中がどうなろうと、季節はめぐり、来年もまた花は咲きます。その時に、家族がそろって一緒に花を見られるように、耐えて頑張りましょう。

花粉症対策

f:id:imaise-yoshikawa:20200312095715j:plain

最近はコロナウイルスの影響もあり、休みの日はあまり出歩くことなく、庭の花の手入れなどをして過ごしています。今年は、暖かいせいかモッコウバラの蕾が早くも膨らんできています。

現在、スギ花粉症のピークで、ヒノキもある方は、まだまだ続きます。今回は、その対策を少しご紹介します。

以下のような気象条件の日は「花粉の大量飛散」になる可能性が高いため、注意が必要です。

① 晴れて、気温がグッと上がる日

② 空気が乾燥し、風が強い日

③ 雨上がりの翌日の晴れた日

④ 比較的気温の高い日が続いたあと

花粉飛散量と症状の出現には個人差があります。しかし、上記のような気象状況にあたる日は万全の花粉症対策をとることをお勧めします。

 薬物療法で症状を緩和させることも必要ですが、シーズン中に一番大事なことは「花粉を取り込まない」ことです。

  1. 屋外ではマスク・メガネ・帽子を着用する。
  2. 長い髪の毛は束ねる。
  3. 花粉のつきやすい素材の服を避ける。
  4. 花粉は皮膚にも付くので、化粧を早めに落とす。
  5. 衣服や髪の毛、皮膚などについた花粉は、手ではらうだけでは100%は取り除けないので、一番は「水に漬ける・水で洗う」ことです。
  6. 掃除の際は、掃除機だけでなく、濡れ雑巾で拭く。
  7. 洗濯ものは室内に干す。
  8. 布団は布団乾燥機がお勧めですが、外に干した場合は、掃除機でしっかり吸引する。
  9. 規則正しい生活が花粉症の症状を軽減します。
  10. 十分な睡眠時間、バランスのとれた食事、ストレスのない生活

少しでも参考になればありがたいです。つらい季節を乗り切りましょうね。

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が拡がりを見せており、今後の動向が気になる毎日です。

誰でもそうですが、未知のもの、新しいものには恐怖心を抱きます。大事なことは、新型コロナウイルスに関する正しい知識・情報を入手し、過剰反応せずに予防に努め、自分や家族が新型コロナウイルス感染症に似通った症状や経過に該当していそうな時は、パニックにならないで、相談窓口に連絡して指示を受けることです。

もともとコロナウイルスは風邪の原因となるウイルスの1つです。その中のあるものが変異を繰り返し、今回のCOVID-19原因ウイルスが出現したようです。今回の新型コロナウイルス感染症では2つのパターンがあるそうです。①少し長めの風邪症状が続いて1週間ぐらいで軽快するもの。このパターンが大半(80%以上)だそうです。②風邪症状が1週間ぐらい続いて、だるさと息苦しさがでてくる肺炎を発症して重症化するパターンです(わずか20%以下)。高齢者や心臓病、糖尿病、腎臓病、免疫抑制剤を使用している人などの中にこの経過をとることがあるそうです。その中でも死に至るのはわずか数%とのことです。

対策としては、旅行や集会所・劇場・コンサートなど不特定多数の人が集る人混みに不必要に行くことを避けること。ウイルスを外から持ち込まないように、玄関先にアルコールを置いて、帰宅時に手指を消毒してから家に入るとよいでしょう。ウイルスのついた手で、ドアノブや家庭内のあちこちを触ってから洗面所に行って手を洗っても遅いと思ってください。感染の可能性がある場合は、あちこちに出歩いてウイルスをまき散らして感染を広めないように、まず自宅で静養することです。

正しい知識・情報とは、公的機関や病院などからの情報であり、新聞・テレビ報道の場合は情報源や発信者が明確なものをさします。ちなみにこのブログの内容は厚生労働省国立感染症研究所、医師会からの発表・資料をもとにしており、やや噛み砕いた表現に変えています。